建設業許可の申請方法(法人の場合)

建設業を営むには、建設業許可を取得することになっています。

建設業許可は、法人で取得する場合と個人で取得する場合がありますが、ここでは法人で建設業許可を取る時の申請方法についてまとめたいと思います。

建設業許可を申請するには、まず必要な書類を揃えます。

法人の場合と個人の場合とでは違いがありますので、漏れがないようにしっかりチェックしたいものです。

建設業許可申請に必要な書類は、各都道府県のホームページを見ると記載がされています。

また、書類のダウンロードもできるようになっていますので、わざわざ出向いて書類だけを取りに行く必要がありません。

法人で許可申請する際に必要な書類の中に、役員の一覧があります。

個人で申請する時は必要ありませんが、法人で申請する時には必要ですから忘れないように用意して下さい。

申請をするのは、たくさんの書類を揃えなければなりませんし、慣れないものですから不備等がある恐れがあります。

建設業許可の申請を代行して行ってくれるところがありますので、(行政書士事務所など)そういったところに依頼すると間違いがありません。

行政書士に手続き代行の費用は支払わなければなりませんが、書類に不備があり何度もやり直しているより良いと、依頼する法人が多いです。

何度もやり直しとなると時間もかかりますし、大変です。

申請代行を依頼すれば、これだけの書類を用意して下さいと言われたら、それを揃えさえすれば煩雑な手続きは代わりに行ってくれます。

建設業許可ならhttp://kit-kensetsu.net/